*

静岡県浜松市の1種指定工場のお客様の診断と補助金活用

公開日: : 最終更新日:2014/04/10 未分類

お疲れ様です。

本日は、静岡県浜松市にある製造業のお客様を訪問しました。

このお客様、実は私の経歴とも深いつながりがあるお客様ですが、今は言えません。

こちらのお客様、やはり、定番になりつつありますが、電気料金も、燃料費も上昇している中で、対策を求められているということ。

エネルギー診断を求められていましたので、環境省のポテンシャル診断事業などを紹介させていただきました。

では、その燃料費の高騰、今後はどのように進んでいくのでしょうか?

以下のような記事が載っていました。

最近市場を賑わせているシェールガス、それほどの影響はないというような内容です。

米国の保守的なエネルギー関連団体からのコメントです。

天然ガスの黄金時代は見果てぬ夢-米企業幹部は石油至上主義

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140408-00000034-bloom_st-bus_all

4月8日(ブルームバーグ):米国のエネルギーブームの結果として国際エネルギー機関(IEA)が到来を予想する「天然ガスの黄金時代」は、業界幹部にとっては見果てぬ夢であるようだ。

米国独立系石油協会が7日、ニューヨークで開いた会議に出席した企業幹部のコメントに基づけば、石油が依然として主役であり、ガスはほとんど付け足しにすぎない。

アブラクサス・ペトロリアムのボブ・ワトソン最高経営責任者(CEO)は、同社の確認埋蔵量のうちガスより石油と液体資源が大部分を占めることを強調した。ホワイティング・ペトロリアムのジェームズ・ボルカー会長兼CEOはその理由を説明する。つまり、石油は同量の天然ガスの最大3倍の価格で売却できる。

オバマ米大統領は天然ガスについて、米経済を化石燃料からクリーンエネルギーへと移行させる橋渡しになるとの見解を示しているが、エネルギー業界の認識は、水圧破砕によるシェール層からのエネルギー生産をめぐる議論に対して現実を突き付けている。

供給が過去最高水準に膨らむ中、米国の天然ガス先物価格はピークに達した2005年以降、72%下落。冬季が数十年ぶりの厳しい寒気に見舞われ在庫が減少した後も、価格は欧州の約半分の水準となっている。一方、原油価格は1バレル当たり100ドル近辺を維持。供給の伸びにより米国の価格は国際指標を下回っているものの、依然として1年前より7.6%高い水準となっている。

原題:Age of Gas Seen as Sideshow to U.S. Producers Preoccupiedby Oil(抜粋)


関連記事

no image

補正予算の規模が固まってきましたね。3兆円規模、1月9日決定!!

補正予算の規模が固まってきましたね。3兆円規模、1月9日決定!! 毎日新聞 12月15日(月)21

記事を読む

no image

燃料価格が下落していますが、いつまで続くのか!?

燃料価格が下落していますが、このまま続くのでしょうか? 下落すると予想して対策を怠ると。。。 世

記事を読む

no image

環境省から無料のエネルギー診断事業の公募です!?

環境省から無料のエネルギー診断事業の公募です!? 対象はビルですので、病院、宿泊施設、事務所ビルな

記事を読む

no image

平成26年度補正予算!?ようやく動き出すか!?

平成26年度補正予算。ようやく動き出しそうです。 産経新聞 11月18日(火)7時55分配信より

記事を読む

no image

エネルギー診断に使える補助事業を(全額補助)をアップしました。

環境省のエネルギー診断に活用できる補助事業(全額補助)をアップしました。 エネルギー診断に使える補

記事を読む

no image

エネ合採択結果分析

平成25年度のエネルギー使用合理化事業者支援事業の採択結果を分析しました。 平成26年度のエネ合、

記事を読む

no image

平成26年度補正予算のタイミングは!?エネルギー政策への影響は!?

平成26年度補正予算は一体いつ実施されるのでしょうか? 少しずつ、つかめてきました。 産経新聞 

記事を読む

no image

環境省から電気事業者別の温室効果ガス排出量排出係数を公表しました。そこから読み取れるものは?

環境省から電気事業者別の温室効果ガス排出量排出係数を公表しました。そこから読み取れるものは? ht

記事を読む

no image

平成26年度補正予算の行方!?エネルギー政策が向かう方向(2)

平成26年度の補正予算の動き?が怪しくなってきています。理由は、補正予算の実行により平成27年度のプ

記事を読む

no image

衆院選は終わりましたが、当面はエネルギー政策に大きな変更はないようですね。

衆院選は終わりましたが、当面はエネルギー政策に大きな変更はないようですね。 毎日新聞 12月1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    • 環境ビジネス
    • 一般社団法人環境共創イニシアチブ
    • 環境省
    • クール・ネット東京
    • エネポ
    • 経済産業省、資源エネルギー庁
    • 政府の節電ポータルサイト
    • 環境エネルギー政策研究所
    • 財務省
    • イーアンドイープラニング
    • スマートエナジー株式会社
    • 蓄電節電ドットコム
    • CO2削減ナビ
    • 省エネルギーセンター
PAGE TOP ↑