*

燃料価格が下落していますが、いつまで続くのか!?

公開日: : 未分類

燃料価格が下落していますが、このまま続くのでしょうか?
下落すると予想して対策を怠ると。。。
世界は燃料を巡って色々なことが起こっています。

YAHOOニュース:木村 正人 | 在英国際ジャーナリストより

1998年のルーブル危機が再来

ロシア中央銀行は11日、主要政策金利を1%上げ10.5%にすることを決めた。ロシア通貨ルーブルの暴落やインフレを防ぐためだ。
強気の姿勢を崩さないプーチン大統領は1998年のルーブル危機以来となるクライシスに直面している。

クリミア編入に端を発するウクライナ危機でロシア国内から資本が流出、米国や欧州連合(EU)による経済制裁に加えて、石油輸出国機構(OPEC)の原油増産でルーブルの下落が止まらない。

2011年5月には1ドル=27.40ルーブルだったのが、今や1ドル=55.67ルーブルにまで下がっている。

ロシアでは輸出の約7割、連邦予算の歳入の半分を原油・天然ガスに頼る。2年半前は1バレル=120ドルを超えていたブレント原油価格は1バレル=64ドルまで下がってしまった。
ロシアの財政は1バレル=100ドルでは赤字に転落し、60ドル台では大幅赤字になる。

来年の経済成長見通しも1.2%からマイナス0.8%に下がる恐れがある。

CDS保証料率は危険水域に

98年のルーブル危機でも同じことが起きた。
ロシアの状況がどれだけ、まずいのか数字を拾ってみる。
ロシア国債の金利とクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)保証料率を見てみると――。

10年物 12.4% 425.41

5年物 12.69% 411.48

2年物 13.02% 421.41

CDS保証料率が400を超えるのは非常にまずい状態だ。

長期信用格付けは、

S&P BBB-

ムーディーズ Baa2

フィッチ BBB

と投資適格を維持している。

ロシアの外貨準備高は10月末で4286億ドル。経常収支も大幅黒字。
通貨下落が「負の連鎖」にはつながりにくいという見方もあるが、プーチン大統領の強面で獰猛な市場を抑えこむことができるのか。

クリミア編入の強行に続いて、ウクライナ東部で「共和国」創設を宣言した親ロシア派勢力への支援を示唆するプーチン大統領はロシアにとって最大のリスク要因だ。

2014年の資本流出は1200億ドルを超える見通しだ。このため、プーチン大統領は4日の年次教書演説で、ロシア人が保有する国外資産を国内に戻せば、司法責任の追及を免除する方針を表明。ルーブル下落で一儲けしようという輩は許さない方針だ。

プーチン大統領へのボディブロー

産油国サウジアラビアが原油価格の下落を容認しているのは、プーチン大統領を窮地に追い込むことで、シリア内戦、米国家安全保障局(NSA)の監視システムを暴露したエドワード・スノーデン容疑者の身柄引き渡し、ウクライナ危機をめぐってことごとくロシアと対立する米国のオバマ大統領に恩を売るためとの観測も流れる。

また、米国のシェールガス・オイル潰しとの見方もあるが、真偽はわからない。ただ、確実に言えるのは、米国やEUの経済制裁でロシアの生命線である原油・天然ガスの開発が思うように進まなくなっていることだ。

プーチン大統領は、ロシアから黒海海底を経由して欧州中心部まで天然ガスを輸送するパイプライン敷設計画「サウスストリーム」の中止を発表。

ロイター通信によると、ロシア石油最大手の国営ロスネフチと米エクソンモービルが北極海大陸棚の共同探査計画を中断。英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルも政府系ガスプロムネフチとのシェールオイルの共同開発を停止した。

ロシアも米国やEUなどの経済制裁に対抗して農畜産物の輸入禁止を発動しており、ウクライナ危機は「経済戦争」の様相を呈し、ロシア経済だけでなくEU経済にも暗い影を落とし始めている。

再びルーブル危機ともなれば、プーチン大統領は一段と苦しくなり、国内での立場を守るため態度をますます硬化させる恐れがある。

(おわり)


関連記事

no image

平成26年度補正予算を考える!!平成25年度補正予算の復習。

平成27年度の概算要求が各省庁から出てきていますが、これとやや遅れて平成26年度補正予算の噂が出始め

記事を読む

no image

エネルギー使用合理化補助金の何が変わった?(1)

お疲れさまです。 エネルギー使用合理化支援事業平成26年度の公募予告がでましたね。 この予告

記事を読む

no image

平成26年度補正予算、平成27年度予算の時期がはっきりしてきました。

平成26年度補正予算、平成27年度予算の時期がはっきりしてきました。 平成27年度予算は来年1月1

記事を読む

no image

衆院選は終わりましたが、当面はエネルギー政策に大きな変更はないようですね。

衆院選は終わりましたが、当面はエネルギー政策に大きな変更はないようですね。 毎日新聞 12月1

記事を読む

no image

補正予算には、中小企業向けエネルギーコスト対策が計上!!エネ合でしょう!

補正予算には、中小企業向けエネルギーコスト対策が計上されそうです。エネ合でしょう! 毎日新聞 12

記事を読む

no image

補正予算!? なかなか進まない・・・ どうなるんだ!エネルギー対策!?

平成26年度の補正予算、話にはあがってきますが、なかなかその実態がつかめません。 時事通信社より

記事を読む

no image

平成26年補正予算が確定しましたね。皆様、準備はできていらっしゃいますか?

平成26年補正予算が確定しましたね。みなさん、準備はできてらっしゃいますか? ここで言う準備とは?

記事を読む

no image

平成26年度補正予算の行方!?エネルギー政策が向かう方向

エネルギー業界を考える上で避けては通ることができない、エネルギー政策の行方。 平成26年度予算はか

記事を読む

no image

エネルギー診断に使える補助事業を(全額補助)をアップしました。

環境省のエネルギー診断に活用できる補助事業(全額補助)をアップしました。 エネルギー診断に使える補

記事を読む

no image

静岡県浜松市の1種指定工場のお客様の診断と補助金活用

お疲れ様です。 本日は、静岡県浜松市にある製造業のお客様を訪問しました。 このお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    • 環境ビジネス
    • 一般社団法人環境共創イニシアチブ
    • 環境省
    • クール・ネット東京
    • エネポ
    • 経済産業省、資源エネルギー庁
    • 政府の節電ポータルサイト
    • 環境エネルギー政策研究所
    • 財務省
    • イーアンドイープラニング
    • スマートエナジー株式会社
    • 蓄電節電ドットコム
    • CO2削減ナビ
    • 省エネルギーセンター
PAGE TOP ↑