*

補正予算には、中小企業向けエネルギーコスト対策が計上!!エネ合でしょう!

公開日: : 最終更新日:2014/12/23 未分類

補正予算には、中小企業向けエネルギーコスト対策が計上されそうです。エネ合でしょう!

毎日新聞 12月19日(金)20時46分配信

政府・与党が検討している経済対策の概要が19日、判明した。自治体が自由に使える交付金を新設するなど地方の消費喚起や生活を支援する施策が柱。
規模は計3.5兆円程度になる見通しで、今春の消費増税に合わせて実施した前回の対策(昨年12月に決定)より2兆円程度小さい規模になる。与党内の調整を経て27日にも閣議決定する。

今回の対策案では、足元の景気認識を「個人消費に弱さがみられる」「(アベノミクスが目指す)経済の好循環の実現が十分に進展していない」などと明記。
「地域の実情に配慮した消費の喚起」と「地方活性化」などを柱に据えた。

目玉となる新たな交付金は消費喚起、生活支援に加え、安倍政権が重視する「地方創生」を後押しするのが狙い。4000億円前後にする方向で調整している。
自治体が地域の実情に応じて幅広い用途で活用できるのが特徴だ。都市部から地方に人や仕事を呼び込むための施策として、特産品の購入を促す商品券や旅行券の発行▽子供が3人以上いる家庭の支援▽低所得者向けの燃料費補助▽地方での創業支援--などを想定している。

公共事業は災害復旧や学校施設の耐震化、災害に強い物流システムの整備などで数千億円規模にする。円安の進行によって高止まりしている中小企業のエネルギーコスト対策費も計上。4月の消費増税で失速した住宅市場のテコ入れ策も実施する。省エネ対応の住宅を新・改築した場合、商品に交換できる「住宅エコポイント」を付与する制度の復活や、長期固定型の住宅ローン「フラット35S」の金利優遇措置の拡大などを盛り込む。東日本大震災の被災地の復興を加速するため、復興事業を担う特別会計に1兆円程度を繰り入れる方向だ。

中小企業が優遇されるエネ合内容となるんでしょう!?

対策の財源は企業業績の回復で増加した税収の上ぶれ分などで賄い、新たな借金となる国債は発行しない。対策の裏付けとなる2014年度補正予算案は3.1兆円程度で編成する方向で、新規国債の発行額を8000億円程度減少させる「減額補正」を8年ぶりに実施、財政規律を重視する姿勢も打ち出す。【三沢耕平、小倉祥徳】


関連記事

no image

平成26年度補正予算を考える!!平成25年度補正予算の復習。

平成27年度の概算要求が各省庁から出てきていますが、これとやや遅れて平成26年度補正予算の噂が出始め

記事を読む

no image

エネ合採択結果分析

平成25年度のエネルギー使用合理化事業者支援事業の採択結果を分析しました。 平成26年度のエネ合、

記事を読む

no image

平成26年度補正予算!そろそろ検討開始か!

平成26年度補正予算。なかなか動きがみえてきませんが、ここにきて一気に動きが加速しだしそうです。

記事を読む

no image

エネルギー使用合理化補助金の何が変わった?(1)

お疲れさまです。 エネルギー使用合理化支援事業平成26年度の公募予告がでましたね。 この予告

記事を読む

no image

燃料価格が下落していますが、いつまで続くのか!?

燃料価格が下落していますが、このまま続くのでしょうか? 下落すると予想して対策を怠ると。。。 世

記事を読む

no image

環境省から無料のエネルギー診断事業の公募です!?

環境省から無料のエネルギー診断事業の公募です!? 対象はビルですので、病院、宿泊施設、事務所ビルな

記事を読む

no image

衆院選は終わりましたが、当面はエネルギー政策に大きな変更はないようですね。

衆院選は終わりましたが、当面はエネルギー政策に大きな変更はないようですね。 毎日新聞 12月1

記事を読む

no image

来年度のエネルギー政策はどうなるのか!?衆院議員選の結果を受けてどう変わるのか!?

衆院議員選が終わりましたが、これからのエネルギー政策はどのようになるのでしょうか!? 景気の動向を

記事を読む

09[1]

平成27年度省エネルギー診断事業補助金の公募・説明会について公開されました。-平成27年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(経済性を重視した二酸化炭素削減対策支援事業)のうち二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業に係る公募・説明会開催についてー

平成27年度省エネルギー診断事業補助金の公募・説明会に関する情報が公開されました。 平成27年度省

記事を読む

no image

平成26年度補正予算の行方!?エネルギー政策が向かう方向

エネルギー業界を考える上で避けては通ることができない、エネルギー政策の行方。 平成26年度予算はか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    • 環境ビジネス
    • 一般社団法人環境共創イニシアチブ
    • 環境省
    • クール・ネット東京
    • エネポ
    • 経済産業省、資源エネルギー庁
    • 政府の節電ポータルサイト
    • 環境エネルギー政策研究所
    • 財務省
    • イーアンドイープラニング
    • スマートエナジー株式会社
    • 蓄電節電ドットコム
    • CO2削減ナビ
    • 省エネルギーセンター
PAGE TOP ↑