*

補正予算の規模が固まってきましたね。3兆円規模、1月9日決定!!

公開日: : 最終更新日:2014/12/22 未分類

補正予算の規模が固まってきましたね。3兆円規模、1月9日決定!!

毎日新聞 12月15日(月)21時45分配信

アベノミクスの是非が焦点となった衆院選での与党大勝を受け、安倍晋三首相は15日の記者会見で「三本の矢の経済政策をさらに強く、大胆に実施していく」と述べ、引き続き経済の再生を最優先に取り組む姿勢を強調した。まずは低迷する消費のてこ入れのため、経済対策の検討を本格化させる。【三沢耕平】

政府は27日にも、景気下支えの経済対策を決定する方針だ。
財務省は、経済対策を実施するための2014年度補正予算案を3兆円規模とする方向で検討。与党内の調整を経て、来年1月9日にも決定する見通しだ。

日本経済は7~9月期の国内総生産(GDP)が2四半期連続でマイナスに陥った。
経済対策は、4月の消費増税と円安に伴う物価上昇などの直撃を受けた家計への支援が中心となる。
政府・与党は、地域商品券の発行支援、住宅購入促進策、低所得者向けのガソリン・灯油購入費の助成などを検討している。

一方、自民党税制調査会は15日、15年度税制改正大綱の30日決定を目指すことを確認した。
政府は、法人実効税率(標準税率34.62%、東京都で35.64%)を20%台に下げる方針を打ち出しており、税制改正大綱では、向こう2~3年の工程表を示す見通し。
初年度の15年度は、2%台の下げ幅を巡る攻防になる。ビール、発泡酒、「第3のビール」の税率格差縮小も議論する予定だ。

15年度予算編成では予算の3割を占める社会保障費の効率化が焦点となる。
介護報酬の引き下げや医療制度改革を通じて、どこまで切り込めるかが問われることになる。
消費再増税の延期で、社会保障の充実に充てられる予算は想定していた1兆8000億円から1兆3500億円に減少。
来年4月に始まる「子ども・子育て支援新制度」など増税を前提にした充実策の財源も課題だ。

政府・与党は15年度予算案を来年1月14日にも決定し、年度内成立を目指す。
ただ、予算編成の遅れから、予算成立が4月以降にずれ込む可能性もある。
その場合は小規模な暫定予算で対応する。アベノミクスの是非が焦点となった衆院選での与党大勝を受け、安倍晋三首相は15日の記者会見で「三本の矢の経済政策をさらに強く、大胆に実施していく」と述べ、引き続き経済の再生を最優先に取り組む姿勢を強調した。まずは低迷する消費のてこ入れのため、経済対策の検討を本格化させる。【三沢耕平】

政府は27日にも、景気下支えの経済対策を決定する方針だ。財務省は、経済対策を実施するための2014年度補正予算案を3兆円規模とする方向で検討。
与党内の調整を経て、来年1月9日にも決定する見通しだ。

予算規模は3兆円程度。決定は1月上旬!!

日本経済は7~9月期の国内総生産(GDP)が2四半期連続でマイナスに陥った。経済対策は、4月の消費増税と円安に伴う物価上昇などの直撃を受けた家計への支援が中心となる。政府・与党は、地域商品券の発行支援、住宅購入促進策、低所得者向けのガソリン・灯油購入費の助成などを検討している。

一方、自民党税制調査会は15日、15年度税制改正大綱の30日決定を目指すことを確認した。政府は、法人実効税率(標準税率34.62%、東京都で35.64%)を20%台に下げる方針を打ち出しており、税制改正大綱では、向こう2~3年の工程表を示す見通し。初年度の15年度は、2%台の下げ幅を巡る攻防になる。ビール、発泡酒、「第3のビール」の税率格差縮小も議論する予定だ。

15年度予算編成では予算の3割を占める社会保障費の効率化が焦点となる。介護報酬の引き下げや医療制度改革を通じて、どこまで切り込めるかが問われることになる。消費再増税の延期で、社会保障の充実に充てられる予算は想定していた1兆8000億円から1兆3500億円に減少。来年4月に始まる「子ども・子育て支援新制度」など増税を前提にした充実策の財源も課題だ。

政府・与党は15年度予算案を来年1月14日にも決定し、年度内成立を目指す。ただ、予算編成の遅れから、予算成立が4月以降にずれ込む可能性もある。その場合は小規模な暫定予算で対応する。


関連記事

no image

環境省から無料のエネルギー診断事業の公募です!?

環境省から無料のエネルギー診断事業の公募です!? 対象はビルですので、病院、宿泊施設、事務所ビルな

記事を読む

no image

平成26年度補正予算!そろそろ検討開始か!

平成26年度補正予算。なかなか動きがみえてきませんが、ここにきて一気に動きが加速しだしそうです。

記事を読む

no image

平成26年度補正予算のタイミングは!?エネルギー政策への影響は!?

平成26年度補正予算は一体いつ実施されるのでしょうか? 少しずつ、つかめてきました。 産経新聞 

記事を読む

no image

エネ合採択結果分析

平成25年度のエネルギー使用合理化事業者支援事業の採択結果を分析しました。 平成26年度のエネ合、

記事を読む

no image

平成26年度補正予算の行方!?エネルギー政策が向かう方向

エネルギー業界を考える上で避けては通ることができない、エネルギー政策の行方。 平成26年度予算はか

記事を読む

no image

補正予算には、中小企業向けエネルギーコスト対策が計上!!エネ合でしょう!

補正予算には、中小企業向けエネルギーコスト対策が計上されそうです。エネ合でしょう! 毎日新聞 12

記事を読む

no image

来年度のエネルギー政策はどうなるのか!?衆院議員選の結果を受けてどう変わるのか!?

衆院議員選が終わりましたが、これからのエネルギー政策はどのようになるのでしょうか!? 景気の動向を

記事を読む

no image

平成26年補正予算が確定しましたね。皆様、準備はできていらっしゃいますか?

平成26年補正予算が確定しましたね。みなさん、準備はできてらっしゃいますか? ここで言う準備とは?

記事を読む

no image

エネルギー使用合理化補助金の何が変わった?(1)

お疲れさまです。 エネルギー使用合理化支援事業平成26年度の公募予告がでましたね。 この予告

記事を読む

no image

平成26年度補正予算、平成27年度予算の時期がはっきりしてきました。

平成26年度補正予算、平成27年度予算の時期がはっきりしてきました。 平成27年度予算は来年1月1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    • 環境ビジネス
    • 一般社団法人環境共創イニシアチブ
    • 環境省
    • クール・ネット東京
    • エネポ
    • 経済産業省、資源エネルギー庁
    • 政府の節電ポータルサイト
    • 環境エネルギー政策研究所
    • 財務省
    • イーアンドイープラニング
    • スマートエナジー株式会社
    • 蓄電節電ドットコム
    • CO2削減ナビ
    • 省エネルギーセンター
PAGE TOP ↑