*

温暖化対策コンサルティング

公開日: : 最終更新日:2014/04/08 エネルギー関連ニュース

お疲れ様です。

国立環境研究所から世界の地域別の温室効果を持つメタンの放出量が公表されました。
これは、化石燃料起源のCO2排出量削減の重要性を示唆するものかも知れません。

温暖化対策として化石燃料以外のCO2対策にも目を向ける必要がありますね。

以下、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140405-00000024-mai-sctch

二酸化炭素(CO2)に比べ25倍も強い温室効果を持つメタンの地域別放出量を、国立環境研究所などのチームが公表した。アジアの亜熱帯地域で突出している。水田や湿地からの放出が多いためとみられる。広範囲の放出量の推移を追跡することで、早期対策を練るのに役立つ可能性がある。

チームは世界を43地域に区分し、日本の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」と地上での観測値を組み合わせて放出量を推計した。

その結果、インドや東南アジアでは年間5000万トン近いメタンが放出されていたことが分かった。東アジアは年間約4000万トンを上回っているが、このうち日本の排出量は比較的少ないとしている。南米やアフリカ中部では、従来の地上観測からの推定より、放出量が多かったという。チームは「観測を続けることによって、温暖化の予測の精度向上や対策に役立つ」としている。【大場あい】


関連記事

no image

ご当地エネルギー

お疲れ様です。 再生可能エネルギーの発信の仕方として面白いですね。 従来の日本型モデルでは、

記事を読む

no image

東京都のエネルギー政策が成果を出す理由

お疲れ様です。 現在、国単位だけでなく、自治体単位でエネルギー政策は動いています。 その中でひと

記事を読む

no image

大飯原発が運転差し止め。電気料金への影響は。。。

お疲れ様です。 大飯原発の運転が差し止めになりました。 安全が確保できていない状況で運転をお

記事を読む

no image

なんかおかしくないか?エネルギー基本計画!!

お疲れ様です。 エネルギー基本計画が策定されました。 私としては、これからのエネルギー産業を担う

記事を読む

no image

シェール革命のインパクト『シェール革命と日本のエネルギー』

お疲れ様です。 これからのエネルギー情勢はどうなっていくのでしょうか? エネルギーを管理される方

記事を読む

no image

電力確保。次の課題は?

お疲れ様です。 電力事業の参入、止まらないですね。 地場のガス小売り企業まで参入しています。

記事を読む

no image

ガス調達価格低減できるのか?

お疲れ様です。 エネルギー調達の環境整備が進みつつあるようです。 ガスの価格、海外と日本でな

記事を読む

no image

「2012年度のエネルギー需給実績が確定」だそうです。

お疲れ様です。 2012年度のエネルギー需給実績が確定しました。 原発停止中に、都市ガス

記事を読む

no image

エネルギー基本計画案を了承、補助金事業の行方は?

お疲れ様です。 新たなエネルギー基本計画案が了承されました。 震災以降初めての基本計画で

記事を読む

no image

電力小売り自由化の拡大!!

お疲れ様です。 家庭向け電力小売りの自由化に向けて、新電力の電力事業への参入を届け出た企業が多数あ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    • 環境ビジネス
    • 一般社団法人環境共創イニシアチブ
    • 環境省
    • クール・ネット東京
    • エネポ
    • 経済産業省、資源エネルギー庁
    • 政府の節電ポータルサイト
    • 環境エネルギー政策研究所
    • 財務省
    • イーアンドイープラニング
    • スマートエナジー株式会社
    • 蓄電節電ドットコム
    • CO2削減ナビ
    • 省エネルギーセンター
PAGE TOP ↑