*

東芝蓄電池の新モデル販売!普及するか?補助金は?

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 エネルギー関連ニュース, 事業継続, 補助金の活用方法

お疲れ様です。

家庭用蓄電池の動きが少し加速してきました。

業務用蓄電池はまだまだ高額なイメージがありますが、家庭用の量産タイプです。

ひょっとすると、蓄電池価格を押し下げることができるかも知れません。

これまでは、高すぎて導入が進まなかった蓄電池、家庭用として住宅価格に紛れ込ませると、その高さが霞むかも。抱き合わせ商法ですな。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140408-00060758-suumoj-life

株式会社東芝および東芝ライテック株式会社は、東芝製リチウムイオン二次電池SCiB(TM)を搭載した定置式家庭用蓄電システム「eneGoon(TM)(エネグーン)」の新製品2モデルを4月から順次販売する。

「eneGoon(TM)」は、10,000回の充放電後でも約90%の容量を維持する(※)リチウムイオン二次電池SCiB(TM)を搭載し、充電しながら電気製品を同時に使用できる系統連系蓄電システム。万一の停電時にも、冷蔵庫や照明などを約12時間(6.6kWhモデルにおいて)使用することができる。
※10,000回以上のサイクル寿命、室温25度・3Cフル充放電条件の場合。

新製品は、コンパクト設計により、蓄電池容量は従来品と同じで、サイズ・重量を従来比の約80%に小型・軽量化し、設置性を改善。また、騒音値は従来比で20%以上改善し、35dB以下にすることで周辺環境への影響を低減した。

また、目的に応じて電気代削減・停電準備対応など4種類の選択が可能な「おまかせ」運転モード、最適な使用方法に設定できる2つの「おこのみ」モードを採用し、使い勝手を向上している。さらにコントローラに通信用アダプタを内蔵しているので、東芝グループが展開するホームエネルギーマネージメントシステム(HEMS)に接続することで、スマートフォンで運転状態や充電量などを確認することができる。

スマートメータの本格導入、太陽光発電・蓄電池・燃料電池を連動させて自動制御するスマートホーム、電気自動車と連携したソリューションの展開など、ホームソリューション市場の拡大が期待される中、新製品も各種ホームソリューション関連機器とともに販売することで、よりエコで快適なライフスタイルの提案を行っていく。


関連記事

no image

IPCCからの情報、どのようにCO2削減を進めていけばよいのか?

お疲れ様です。 IPCCからの報告書がでましたが、私たちエネルギーに関係する事業者に何ができる

記事を読む

no image

福井県の製造業のお客様、エネルギー使用合理化を希望!!

  お疲れ様です。 このサクラでしょうか? 福井のお客様に教えて

記事を読む

no image

家庭用電力小売りに新規参入。

お疲れ様です。 電力小売り自由化に向けて各様々な動きを始めていますね。 プロパンガス大手の日本瓦

記事を読む

no image

メタンハイドレートでエネルギーの合理化

  お疲れ様です。 私の母校がとうとうメタンハイドレートの研究を強化するようで

記事を読む

no image

東京都のエネルギー政策が成果を出す理由

お疲れ様です。 現在、国単位だけでなく、自治体単位でエネルギー政策は動いています。 その中でひと

記事を読む

no image

平成26年度補正予算が確定しましたが、エネ合(エネルギー使用合理化事業者支援事業)の公募開始時期はいつ頃でしょうか?そして、申請準備は進んでいますか?

平成26年度補正予算が確定しましたが、エネ合(エネルギー使用合理化事業者支援事業)の公募開始時期はい

記事を読む

o03200214index.iapp

電気代が上がって会社が倒産?解雇?

この夏の電気料金は上昇していますか? 電気代があがって会社が倒産する?解雇する?という記事がありま

記事を読む

no image

電力会社にはできなくても、私にはできること

お疲れ様です。 電力会社の経営状況が危うくなってきているようです。 北海道電力と九州電力。 こ

記事を読む

no image

ゲームでエネルギーシフトをクリアできるのか?

お疲れ様です。 いろんなことを考える人がいるんですね。 エネシフゲーム、私も一度してみた

記事を読む

no image

大飯原発が運転差し止め。電気料金への影響は。。。

お疲れ様です。 大飯原発の運転が差し止めになりました。 安全が確保できていない状況で運転をお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    • 環境ビジネス
    • 一般社団法人環境共創イニシアチブ
    • 環境省
    • クール・ネット東京
    • エネポ
    • 経済産業省、資源エネルギー庁
    • 政府の節電ポータルサイト
    • 環境エネルギー政策研究所
    • 財務省
    • イーアンドイープラニング
    • スマートエナジー株式会社
    • 蓄電節電ドットコム
    • CO2削減ナビ
    • 省エネルギーセンター
PAGE TOP ↑