*

今からできるデマンド・節電対策(2) デマンド監視

公開日: : 最終更新日:2014/06/28 節電

お疲れさまです。
みなさんは、電気代をいくらぐらいお支払いですか?

そして、この3年間の電気代をラフにしてみてみてことがありますか?
このグラフは一般家庭のデータです。

これが事業所レベルになるとその額は・・・。
1億円の電気代を支払われているお客様であれば、1000〜2000万円は電気代が上昇してしまうのです。
1000〜2000万円?従業員を一人は雇えます。

一人増員するためには、それなりの決済が必要な額ですが、この電気代勝手に増えて請求が後から回ってくるのです。
事前に見積もりを出してくれるなんてことはありません。
そして、放置しておくと、利益は圧縮され、赤字転落なんてことも起こりうるのです。
海外からの輸入原料の高騰だけに、目を奪われていてはいけません。足下からボディーブローのように削られていくのです。

そのような電気代が上昇していく中で、どのように電気代を落としていくのか?
電気代の基本的な考え方については、前回でご説明させていただきました。

今日は、その電気代をどのように下げていくか?です。

電気料金の構成として基本料金が、おおよそ半分を占めています。
そして、この基本料金、年間で最も電力使用量が大きい電力を契約電力として、1年間の基本料金が決まってしまうのです。
家庭用は、ブレーカーの大きさで決まっているんですが、事業者はこの契約電力で決まります。

ということは、・・・

この年に1回発生している短時間の最大電力を、そのときだけ下げてあげれば良いのです。

ただし、・・・

いつそれが発生したのか、いつ発生するのか?それを知るすべがありますか?
なにもしていないお客様であれば、知ることができるのは、電気料金の明細書をみる時になってからです。
結局最大を記録し、その結果を後から知ることしかできず、前もって、対策を打つことはできないのです。

では、どうすれば・・・

答えは、デマンド監視装置を付けることです。
このデマンド監視装置を設置すると、電力使用状況をリアルタイムに、
そして、そのほとんどの機種が、予測して事前に警報を発報してくれるのです。

そして、このデマンド監視装置を設置して、使用を開始し始めると

ピピピ・・・・と警報音であったり、発報メールが飛んできて仕事ができなくなるのです。

このような経験をしながら、上手く活用できるようになっているのです。
ただし、それは本当に使いこなせてはいない、つまり、本当の節電には、マダマダやり残していることがあるのです。

そのような、状況にあるお客様、該当するかもと思われているお客様、一度ご相談下さい。
きちんと使いこなせば、投資回収1年以内なんてチョロいんですよ。


関連記事

o03200214index.iapp

電気代が上がって会社が倒産?解雇?

この夏の電気料金は上昇していますか? 電気代があがって会社が倒産する?解雇する?という記事がありま

記事を読む

02[1]

投資せずに成果を出す省エネ!?電力会社を切り替える!?平成27年の省エネ対策はこれ!!

電力会社は切り替えることができます。 契約電力50kW未満の低圧接続のお客様は2016年度から切替

記事を読む

no image

節電のために電力の見える化で効果をだす方法・・・

お疲れさまです。 今日のニュースで以下のようなことが流れていました。 兵庫県庁 電力「見える化」

記事を読む

no image

今からできるデマンド・節電対策(3)エアコン・空調

お疲れさまです。 今回は、節電対策でできること第3段です。 テーマは、エアコン。 このエアコン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    • 環境ビジネス
    • 一般社団法人環境共創イニシアチブ
    • 環境省
    • クール・ネット東京
    • エネポ
    • 経済産業省、資源エネルギー庁
    • 政府の節電ポータルサイト
    • 環境エネルギー政策研究所
    • 財務省
    • イーアンドイープラニング
    • スマートエナジー株式会社
    • 蓄電節電ドットコム
    • CO2削減ナビ
    • 省エネルギーセンター
PAGE TOP ↑